印鑑の重要度は自分で決める

印鑑イメージ

さて印面のお話ばかりしていますが、ある程度の品物の場合、つまり三文判でない印鑑の場合、印面と持ち手のボディ部分は一体になっています。

印鑑を作る素材のことを印材と呼びますが、この印材に印面となる文字を彫ります。
アクリルなどの樹脂のボディにゴム製の印面がくっついたキラキラした印鑑などがありますが、そういったものは認印として使いましょう。

そうそう、認印はひとりでいくつ持っていてもかまわないので、おしゃれなものやシャチハタのような気軽なものなど、使い道によって、あるいはスペアの意味でいくつか持っておくといいと思います。

実印というものは役所に届け出て登録したものだけをそう呼ぶので、印鑑登録がひとりにつきひとつしかできない以上、ひとつだけしか持つことができないのですが、実印以外の印鑑はいくつ持っていてもよいのです。

大きく言うと印鑑は、実印の他はみんな認印という扱いです。
銀行印も認印の中のひとつです。

実印以外の印鑑すべてを指す認印のなかから、重要度を見極めて自分で使い分けていくしかないのですね。

広義の認印のうちで、銀行印の重要度は上のほうなはずです。
口座開設の時になぜ書類に押印するのか。通帳の一ページ目に押印するのか。
役所には登録しなくても、銀行に登録したのと同じことなんですよね。
いざというときの本人証明のために、通帳に押された印影と手持ちの印鑑の印面を照合しますよということですよね。

金銭のやりとりのような大切な契約の際、この照合によって間違い無く当人の意思による契約であることを確認するのです。

~ 〔関連おすすめサイトのご紹介〕 ~

<24時間注文受付>チラシ印刷

20000部以上の大ロットが信じられないほど安い!
比べてわかるプロのデザイナーによるデザインが7000円~!

経費のコストダウンをお考えなら印刷通販がお得!

ページの先頭へ