オリジナリティーを守るため

印鑑イメージ

個人を証明する道具としての印鑑をオーダーメイドで作る場合、最もオリジナリティーが必要なのは印面・・・とは書きましたが、印面のオリジナリティーをキープするためには、印面をどんな素材で作るかも大切になります。

印鑑はオリジナルであることを、先に紙に押しておいた印影と照合させることでしか証明できません。
もし印面がゴムなどの摩耗しやすい素材、あるいはプラスチックや石などの欠けやすい素材でできていた場合、間違い無く本人の印鑑でも印面の劣化によって印影が変わってしまい、オリジナルであることが証明できなくなってしまうおそれがあります。

実印には明確にこのことについての決め事があって、市区町村に印鑑登録する印鑑には大量生産の既製品や、摩耗しやすく印影が変化するゴム印を届け出ることはできません。

印鑑登録するとその印鑑は実印となり、印鑑証明書と合わせて効力を発揮しますが、このシステムは同じ印影の印鑑を本人以外には持ち得ないという前提の上に成り立っています。
実印にかぎらず、押印するという行為が意思表示や承認や決定の証、ひいては押印した者の本人証明になるということは、すべてこの前提の元にあります。

実印と印鑑証明を併せて提出しなければならないような場面でなければ、まず印影と手持ちの印鑑を照合されるということはないでしょうが、どんな印鑑でも、例えばシャチハタでもゴム印でも、押印としての意味や効力は基本的に同じです。

押すときに慎重になるべきなのはもちろん、普段持ち歩く印鑑もできれば自分だけのオリジナルにしましょう。

〔人気ショップのご紹介〕

印鑑をネットで注文するなら、日本最大級のはんこ通販専門店《ハンコヤドットコム》がオススメ!
注文前に印影プレビューが確認できて、さらに安心の10年間無料彫り直し保証付きです!

ページの先頭へ