印鑑に必要なオリジナリティーの意味

印鑑イメージ

印鑑を押すという行為には、意思表示と認証の意味があります。
そのうえで「わたしが押印しました」という押印者の本人証明になるということも最重要の役目です。

印鑑には誰が押したかわかるように姓名が刻印されているわけですが、とても重要な契約書などの場合にはさらにその確認が厳重にできることが求められることがあります。
それの最たるものが印鑑証明です。

印鑑の使い道の差や重要度の違いはあれど、意思表示と認証、そして押印した者の確認という役割に違いはありません。
書類に押した印影と、押した人が持っている印鑑の印面が一致することが、身分証の提示と同じく本人証明になります。
このとき押印した印鑑が機械彫りの既製品だった場合、同じ姓名の全くの別人と区別できないため、本人証明の効力がとても弱くなってしまいます。

ですから、実印や銀行印にはオーダーメイドの印鑑が適しています。

認印であっても重要な書類に押印する可能性があるなら、三文判でないものを一本は持っておいたほうがよいでしょう。

紙に押した印影と印鑑の印面の整合性が重要ならば、最もオリジナリティーが出ていなければいけないのは印面ということになります。
べつに凝ったことをする必要はありません。

手彫りで依頼すれば、自然と世界でひとつだけの印面が出来上がりますし、印鑑屋さんで提示しているいくつかの字体の中から好きなものを選んで彫ってもらうことができるはずです。

世界にひとつの印面というのは指紋と同じようなものですから、これは何よりの本人証明です。
あとは印鑑の保管をしっかりしましょう。

〔存在感のある「筆文字名刺」〕

自分だけのために創作書家がデザインしてくれる筆文字名刺。
独特の雰囲気と力強さが手にした人にインパクトを与えます。
普通では物足りない、オリジナルティを出したい方にはお勧めです。

詳細は名刺やショップカードの作成、印刷のSPEED名刺館から

ページの先頭へ